コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

象限 ショウゲン

3件 の用語解説(象限の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょう‐げん〔シヤウ‐〕【象限】

平面を直交する二直線で仕切ってできる四つの部分の一つ一つ。
円の4分の1。四分円。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

象限【しょうげん】

1平面を互いに点Oで交わる2直線xOx′,yOy′で四つの部分に分けたとき,その各部分の平面を象限という。直交座標軸O-xyで分けた場合は∠xOyの内部を第1象限といい,以下反時計回りに,∠yOx′,∠x′Oy′,∠y′Oxの内部を第2,3,4象限という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうげん【象限】

〘数〙 平面を直交した二直線で分けた四つの部分。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の象限の言及

【座標】より

…直交座標系では両座標軸の正の向きは,x軸を原点Oのまわりに時計の針のまわる向きと反対の向きに90度回転したときに,x軸の正の向きとy軸の正の向きが一致するように選ばれているのが通常である。このとき,両座標軸により分かたれる平面の四つの部分のおのおのを象限といい,図4のI,II,III,IVの部分を第1,第2,第3,第4象限という。各象限で座標の符号は一定で,第1象限では(+,+),第2象限では(-,+),第3象限では(-,-),第4象限では(+,-)となる。…

※「象限」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

象限の関連情報