コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝島太市 かいじま たいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貝島太市 かいじま-たいち

1880-1966 大正-昭和時代の経営者。
明治13年11月3日生まれ。貝島太助の5男。鮎川(あゆかわ)義介の義弟。父の創業した貝島炭鉱にはいり,大正5年から貝島家の総帥として石炭の直接販売制や石炭関連事業を推進した。日本石炭鉱業会会長。昭和41年8月28日死去。85歳。福岡県出身。東京高商(現一橋大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

貝島太市の関連キーワード新藤兼人野村芳太郎日本郵便制度史(年表)[各個指定]芸能部門紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)加藤泰丹下健三森一生宇宙開発史(年表)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android