コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝島太助 かいじま たすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貝島太助 かいじま-たすけ

1844-1916 明治-大正時代の実業家。
天保(てんぽう)15年1月11日生まれ。明治3年炭鉱事業に従事西南戦争巨利をえて17年大之浦炭鉱を入手。のち井上馨(かおる)の援助を得,日清(にっしん)戦争を契機に事業をひろげ31年貝島鉱業合名を設立,貝島炭鉱の基礎をきずいた。大正5年11月1日死去。73歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

貝島太助

没年:大正5.11.1(1916)
生年:弘化2.1.11(1845.2.17)
明治時代の実業家。貝島炭礦創業者。筑前国鞍手郡直方(直方市)の貧農貝島永四郎と種子の長男。8歳から坑夫となり,20歳で伊乃子(のち慶子)と結婚,夫婦で行商。明治3(1870)年から炭鉱業に従事。西南戦争による炭価の暴騰で巨利を博し,炭鉱業者の帆足義方のため12年に香月炭坑を開削(のちに買収)するが,18年4月独立。鞍手郡宮田村大字上大隈字大乃浦に4万6000坪を借区,10インチ巻揚機などを使い立(竪)坑開削を始め,弟3人と坑夫,火夫,揚水夫を兼ねた苦闘の末,深さ37.9mのところで90cm(3尺)層に着炭した。しかし20年,次弟文兵衛を39歳で失ってもいる。21年菅牟田坑4万3600坪を買収,26年桐野斜坑を開削,以上3坑を大之浦坑と総称。22年3月資本金5万円で栄鉱社を設立するが,23年不況と高利の負債に苦しむ。24年井上馨の知遇を得たため,鉱区の三井物産名義を代償に借金,大之浦炭の販売権を譲渡し栄鉱社も解散するが,負債を完済,鉱区も取り戻して,31年貝島鉱業合名会社を資本金200万円で設立(1931年貝島炭礦株式会社となる),36年鉱区922万坪,年産60万トンの筑豊一の炭鉱王となる。坑夫あがりの温情主義を貫いた太助も,井上の「侠気」から42年10月貝島家憲制定により行動を制約され,三井から販売権を取り戻すのは,死後の大正8(1919)年であった。<参考文献>九大石炭研究資料センター編『石炭研究資料叢書』10輯,森川英正『地方財閥』

(小林正彬)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貝島太助
かいじまたすけ
(1844―1916)

明治・大正期の炭鉱企業家。筑前(ちくぜん)(福岡県)直方(のおがた)に生まれる。幼名留吉。坑夫より身をおこし、やがて棟領として頭角を現す。その後、炭鉱経営に着手。激しい浮沈を重ね、巨額の債務に苦しんだが、井上馨(かおる)の知遇を得、その援助の下に辣腕(らつわん)を振るい、筑豊第一の土着鉱業家に成長した立志伝中の人物。大之浦、菅牟田(すがむた)、大辻(おおつじ)などの有力炭鉱を次々と入手。事業の拡大に伴い1898年(明治31)貝島鉱業合名会社を設立した(1909年株式会社に改組)。筑豊御三家と称され、また炭鉱王ともいわれたが、三井物産に久しく一手販売権を掌握されていた。その解消は、太助の死後1920年(大正9)のことであった。[畠山秀樹]
『高橋光威著『貝島太助翁の成功談 炭鉱王』(1903・博文館) ▽大辻炭鉱株式会社編・刊『大辻炭鉱七十年史(稿本)』(1954) ▽『貝島家文書』(九州大学所蔵)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

貝島太助の関連キーワード麻生太吉成金饅頭貝島太市大正時代厳木天保

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android