コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝殻文 かいがらもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貝殻文
かいがらもん

土器文様の一種二枚貝の縁や背の部分で施した文様,あるいはヘナタリなどの巻貝の圧痕文および回転施文による擬似縄文がある。特に縄文時代早期後半の東日本および南九州に発達し,その後前期後期にも地方的に行われ,弥生土器の一部にも用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

貝殻文の関連キーワード住吉町遺跡ロカイユ田戸遺跡白浜遺跡土器文様北海道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android