コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政錯覚 ざいせいさっかくfiscal illusion

1件 の用語解説(財政錯覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財政錯覚
ざいせいさっかく
fiscal illusion

国債の発行は将来の租税負担をもたらすがその負担がないものと人々が錯覚して消費などの経済活動を行なうこと。国債の発行が将来世代に対して負担を転嫁するかどうかに関してはさまざまな議論がなされているが,合理的期待形成仮説の立場からの等価原理によれば,国債発行は将来の課税に関する合理的期待を通じて同額の民間貯蓄を増加させることから,負担の転嫁を否定している。しかし人々の間に財政錯覚が存在し,国債の発行に応じて消費や貯蓄を変化させないとすれば,等価原理は否定されることになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone