コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政錯覚 ざいせいさっかくfiscal illusion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財政錯覚
ざいせいさっかく
fiscal illusion

国債の発行将来の租税負担をもたらすがその負担がないものと人々が錯覚して消費などの経済活動を行なうこと。国債の発行が将来世代に対して負担を転嫁するかどうかに関してはさまざまな議論がなされているが,合理的期待形成仮説の立場からの等価原理によれば,国債発行は将来の課税に関する合理的期待を通じて同額の民間貯蓄を増加させることから,負担の転嫁を否定している。しかし人々の間に財政錯覚が存在し,国債の発行に応じて消費や貯蓄を変化させないとすれば,等価原理は否定されることになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

財政錯覚の関連キーワード均衡財政

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android