コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政錯覚 ざいせいさっかく fiscal illusion

1件 の用語解説(財政錯覚の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財政錯覚
ざいせいさっかく
fiscal illusion

国債の発行は将来の租税負担をもたらすがその負担がないものと人々が錯覚して消費などの経済活動を行なうこと。国債の発行が将来世代に対して負担を転嫁するかどうかに関してはさまざまな議論がなされているが,合理的期待形成仮説の立場からの等価原理によれば,国債発行は将来の課税に関する合理的期待を通じて同額の民間貯蓄を増加させることから,負担の転嫁を否定している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財政錯覚の関連キーワードプライマリーバランス国家破産国債費租税負担率リカードの等価定理租税回避登録国債普通国債年金交付国債国債償還制度

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone