コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財部鳥子 たからべ とりこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

財部鳥子 たからべ-とりこ

1933- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和8年11月11日生まれ。昭和21年満州(中国東北部)からひきあげ,詩作をはじめる。立原道造の影響をうけ,のち「歴程」同人。40年詩集「わたしが子供だったころ」を発表。59年「西游記」で地球賞,平成4年中国体験をドライに見すえ,流れる時のなかに淡々とえがいた「中庭幻灯片」で現代詩花椿賞。ほかに「アーメッド雨期」「烏有の人」など。新潟県出身。本名は金山雅子。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

財部鳥子の関連キーワード昭和

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

財部鳥子の関連情報