コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貨幣恐慌 かへいきょうこうmonetary disorders; monetary crisis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貨幣恐慌
かへいきょうこう
monetary disorders; monetary crisis

支払手段としての貨幣に対する需要の急増と,その供給不足によって生じる経済の急激な攪乱。資本主義経済は発達した信用制度のもとで行われており,その再生産過程が順調に進行している間は貨幣は主として価値尺度としての機能を果しているにすぎないが,なんらかの理由で信用機構が動揺して支払手段としての貨幣への需要が一時に急激に増大し,それが満たされない場合に支払不能,企業倒産などが起り,経済の再生産過程が急激に崩壊する。貨幣恐慌が進行し銀行が取付けを受けて預金引揚げに応じられず,銀行倒産が続出する場合をさらに金融恐慌ということもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かへいきょうこう【貨幣恐慌】

信用恐慌や銀行恐慌によって商業手形や銀行手形が信用を失い、現金通貨や金貨幣への需要が爆発的に拡大する状態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貨幣恐慌
かへいきょうこう

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

貨幣恐慌の関連キーワードトラハテンベルグ銀行恐慌銀行手形現金通貨商業手形信用恐慌

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android