貨郎児(読み)かろうじ(英語表記)Huò láng ér

世界大百科事典 第2版の解説

かろうじ【貨郎児 Huò láng ér】

中国の宋・元(960‐1367)時代に流行した民間の語り物。貨郎または貨郎児とは,もと婦人用の小間物日用雑貨などを売る行商人のことであるが,その物売り声に由来する芸能をもその名でよぶ。その曲調は現在伝わらないが,元代の雑劇や《水滸伝》に描写が見え,肩に天秤棒をかつぎ手に振り鼓を持って街を流し歩いたらしい。なお宋および明の宮廷絵画のジャンルの一つに〈貨郎図〉があり,もっぱらその行商の様子を描いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android