貰聟(読み)モライムコ

デジタル大辞泉の解説

もらいむこ【貰聟】[狂言名]

狂言。酒に酔って妻を追い出した男が、酔いが覚めて(しゅうと)の家へ妻をもらいにいき、引き止める舅を打ち倒して夫婦一緒に帰る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貰聟
もらいむこ

狂言の曲名。聟狂言。酒に酔って家に帰った夫(シテ)が、悪態をついて妻を追い出す。涙ながらに実家へ戻った妻は、夫のもとに帰れと説得する父親に対して、もはやその意志はないと告げる。そこで父親は娘を家に入れ、翌日、反省して迎えにきた聟に「娘はきていない」と言い張る。しかし、子供が不憫(ふびん)だからと頼む夫のことばを立ち聞いた妻は、たまらなくなってその場へ出てきてしまう。舅(しゅうと)は意地でも娘を渡すまいと、聟とつかみ合いを始めるが、夫婦は協力して舅を打ち倒し、仲良く連れ立って帰っていく。夫婦、親子の人情の機微を描いた佳作。[池田英悟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android