悪態(読み)あくたい

精選版 日本国語大辞典「悪態」の解説

あく‐たい【悪態】

〘名〙 悪口を言いののしること。また、その口。にくまれぐち。あくたれぐち。あくたいぐち。
※談義本・当世下手談義(1752)一「かの悪対(アクタイ)とやらは少もいわで寔(まこと)の男達(だて)なりし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悪態」の解説

あく‐たい【悪態】

憎まれ口をきくこと。悪口。あくたいぐち。「悪態の限りを尽くす」
[類語]悪口わるくち陰口誹謗謗り中傷悪口あっこう雑言罵詈罵詈雑言悪罵嘲罵痛罵怒罵面罵罵倒讒謗悪たれ口憎まれ口悪し様ぼろくそ口汚いくそみそこき下ろすけなくさそしけちを付ける難癖を付ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「悪態」の解説

あくたい【悪態】

他人の悪口を言うことは,広く各地神社寺院で行われる悪態祭喧嘩祭などの祭りのほか,芸能や口承文芸の中に,多様な形でみられる。悪態は日本の文化や社会の構造に仕組まれた,秩序を維持するための装置(要素)の一つと考えられる。その秩序維持のために,秩序のからはみ出ようとする者の行為や思考を心理的に封じ込めるために,あらかじめ排除を予告する行為が悪態である。これは,相手の弱点を指摘し,それによって相手が秩序の外に出ていく意志を喪失してしまうことが意図されるため,日常的に潜在している人間の悪を露呈したり,対立的演出となってあらわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の悪態の言及

【道化】より

…この幕あい狂言では,村の最近のできごとなども演技にとり入れられて聖なる伝統が揶揄(やゆ)され,またふだんはしてはならない瀆聖的な行為が笑いとともになされる。そのうちに1人のカチナが,乱痴気騒ぎをしている道化たちに警告をするが,道化たちは無視し逆に悪態をつく。やがて武器を手にしたカチナたちが再登場し,逃げまわる道化たちを捕らえ泥の中に放りこみ,追い払う。…

※「悪態」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android