コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貴司悦子 きし えつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貴司悦子 きし-えつこ

1903-1941 昭和時代前期の児童文学作家。
明治36年8月8日生まれ。作家貴司山治と結婚。夫にすすめられ童話創作をはじめる。代表作「蟻(あり)の婚礼」は科学と空想を統一した文学と評判を得た。昭和16年1月14日死去。39歳。大阪出身。大阪三島高女卒。著作はほかに「村の月夜」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貴司悦子の関連キーワード清水宏近衛文麿内閣レジスタンス文学マキノ雅広日露戦争史(年表)スタージェススーパースタジオ第二次世界大戦治安維持法日米交渉

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android