賀陽宮邦憲王(読み)かやのみや くにのりおう

美術人名辞典の解説

賀陽宮邦憲王

賀陽宮初祖。旧迩宮朝彦親王の第二王子。巌宮と称し、のち巌麿王と命名する。病身のため、弟の邦彦王を継嗣とした。神宮祭主に任じられ、のち菊花大綬章を授けられた。明治42年(1909)歿、43才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賀陽宮邦憲王 かやのみや-くにのりおう

1867-1909 明治時代の皇族。
慶応3年6月1日生まれ。久邇宮(くにのみや)(中川宮)朝彦(あさひこ)親王の第2王子。神宮教院学寮にまなぶ。病身のため,弟邦彦(くによし)王に久邇宮家をゆずる。明治25年醍醐(だいご)好子と結婚して賀陽宮の称号をさずけられ,28年神宮祭主。33年宮家を創立した。明治42年12月8日死去。43歳。幼称は巌宮(いわのみや)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android