コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀陽宮 カヤノミヤ

大辞林 第三版の解説

かやのみや【賀陽宮】

旧宮家。伏見宮邦家親王の第四王子朝彦あさひこ親王が1863年中川宮と称し、翌年改称したもの。朝彦親王はその後幽居の身となって宮号は止められ、再興後は久邇宮くにのみやと称したため、賀陽宮の称号は1892年(明治25)その子邦憲王が復興した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の賀陽宮の言及

【朝彦親王】より

…法名は尊融(初め尊応)。安政の大獄に座して永蟄居の処分を受けたが,1862年(文久2)国事御用掛となって朝政に参画,翌年特旨により還俗して中川宮(のち賀陽宮(かやのみや))と称した。時に長州藩を中心とした尊攘派の勢力が強盛で,大和行幸に名をかりて討幕を企てるに至るや,親王は同年8月内勅を奉じ,会津・鹿児島2藩と協力してこれを阻止し,その勢力を京都から一掃した(文久3年8月18日の政変)。…

【宮家】より

…皇族諸家をいう。令制の皇親制度も中世に至ってまったく衰微し,皇子以下の一家を立て,これを維持することもまれとなった。この間にあって宮家として存立し,皇親の身分を相承したのは,いわゆる世襲親王家である。その初例は鎌倉中期,亀山天皇の皇子恒明親王を始祖とする常磐井(ときわい)宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。これに次ぐのは後二条天皇の皇子邦良親王に始まる木寺宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。…

※「賀陽宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賀陽宮の関連キーワード賀陽宮好子妃殿下山階宮 佐紀子久邇宮多嘉王東久邇 稔彦賀陽宮邦憲王久邇宮 邦彦中島 正武東久邇稔彦並河 靖之山田良之助佐紀子女王山本章夫巌本琴城賀陽恒憲丁野丹山皇室幽居