久邇宮(読み)クニノミヤ

世界大百科事典 第2版の解説

くにのみや【久邇宮】

伏見宮邦家親王の王子朝彦親王を初代とする宮家。青蓮院門跡であった親王は1863年(文久3)還俗して中川宮(のち賀陽宮)と称した。ついで明治維新ののち一時その身分を停められたが,75年(明治8)親王に復して宮家を再興,新宮号を山城国恭仁(くに)の地名にちなんで久邇宮と称した。第2代邦彦王につぎ第3代朝融王に至り,1947年皇籍を離脱した。【武部 敏夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の久邇宮の言及

【宮家】より

…皇族諸家をいう。令制の皇親制度も中世に至ってまったく衰微し,皇子以下の一家を立て,これを維持することもまれとなった。この間にあって宮家として存立し,皇親の身分を相承したのは,いわゆる世襲親王家である。その初例は鎌倉中期,亀山天皇の皇子恒明親王を始祖とする常磐井(ときわい)宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。これに次ぐのは後二条天皇の皇子邦良親王に始まる木寺宮で,室町中期まで6代にわたって存続した。…

※「久邇宮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

久邇宮の関連情報