コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀陽氏 かやうじ

世界大百科事典 第2版の解説

かやうじ【賀陽氏】

備中国賀夜(かや)郡(現在の岡山県総社市東部,岡山市西部,上房郡賀陽町,有漢町)を本貫地とする古代よりの名族。765年(天平神護1)正月,賀陽臣小玉女が外従五位下に叙して勲六等を授けられ,同年6月に一族12人とともに朝臣の姓(かばね)を賜った(《続日本紀》)。859年(貞観1)11月には従五位下に叙せられた賀陽朝臣姑子の名がみえ(《日本三代実録》),加夜国造家の女が早くから采女(うねめ)または女官として出仕したことをしのばせる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の賀陽氏の言及

【賀陽氏】より

…862年には備中国賀夜郡の人左大史正六位上賀陽朝臣宗成,従六位下備中権博士賀陽朝臣真宗の2人が左京職に隷していた。宗成はのちに備後介,安房守を歴任したが,賀陽氏のなかに中央の官人となったり,学者となったもののあったことがわかる。《扶桑略記》には893年(寛平5)賀陽豊仲が賀夜郡大領であった記事があるから,本貫地では郡司層として力をもち続けていたらしく,加夜寺は賀陽氏一族の氏寺であったという。…

※「賀陽氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賀陽氏の関連キーワード明庵栄西足守荘

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android