賢信(読み)けんしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢信 けんしん

1118-1187 平安時代後期の僧。
元永元年生まれ。真言宗珍海顕教をまなび,醍醐寺(だいごじ)理性院をひらいた叔父賢覚,2世宝心の法をうける。ついで紀伊(きい)高野山大伝法院(和歌山県)の隆海にも師事し,広沢流をついだ。文治(ぶんじ)3年4月8日死去。70歳。字(あざな)は定(上)乗。法名はのち静聖。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賢信の関連情報