コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元永 ゲンエイ

デジタル大辞泉の解説

げんえい【元永】

平安後期、鳥羽天皇の時の年号。1118年4月3日~1120年4月10日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんえい【元永】

年号(1118.4.3~1120.4.10)。永久の後、保安の前。鳥羽天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんえい【元永】

日本の元号(年号)。平安時代の1118年から1120年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は永久(えいきゅう)。次元号は保安(ほうあん)。1118年(永久6年)4月3日改元。天変・疾疫(疫病の流行)の凶兆・凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。永久年間(1113~1117年)に引き続き、都では寺僧による強訴、延暦(えんりゃく)寺、興福(こうふく)寺、園城(おんじょう)寺などの僧兵が互いに激しく争う状況が続いていた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

元永の関連キーワードがちゃがちゃ どんどんインスタレーション山脇和泉(7代)元永本古今和歌集ころ ころ ころもこ もこもこもけら もけらカニ ツンツン元永本古今集大炊御門経宗最雲法親王長円(2)頼助(1)藤原顕長佐竹隆義千葉常胤日野資長寺西元栄崇徳天皇藤原経宗

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元永の関連情報