コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元永 ゲンエイ

3件 の用語解説(元永の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

げんえい【元永】

平安後期、鳥羽天皇の時の年号。1118年4月3日~1120年4月10日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

げんえい【元永】

日本の元号(年号)。平安時代の1118年から1120年まで、鳥羽(とば)天皇の代の元号。前元号は永久(えいきゅう)。次元号は保安(ほうあん)。1118年(永久6年)4月3日改元。天変・疾疫(疫病の流行)の凶兆・凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。永久年間(1113~1117年)に引き続き、都では寺僧による強訴、延暦(えんりゃく)寺、興福(こうふく)寺、園城(おんじょう)寺などの僧兵が互いに激しく争う状況が続いていた。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

元永の関連キーワード元永永久西行最勝寺天神川ベケット鰐塚山地テンプル騎士団ピサ大聖堂人麻呂影供

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

元永の関連情報