コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢章院 けんしょういん

2件 の用語解説(賢章院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢章院 けんしょういん

1792*-1824 江戸時代後期,島津斉興(なりおき)の妻。
寛政3年12月28日生まれ。池田治道(はるみち)の3女。母は伊達重村の娘。文化4年(1807)のち薩摩(さつま)鹿児島藩主となる斉興と結婚し,斉彬(なりあきら)らを生む。乳母(うば)まかせにせず,みずから斉彬をきびしく養育した。学問をこのみ,薙刀(なぎなた)の名手であった。文政7年8月16日死去。34歳。名は周子(かねこ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

賢章院

没年:文政7.8.16(1824.9.8)
生年:寛政3.12.8(1792.1.1)
江戸後期,薩摩藩主島津斉興の妻。斉彬の母。鳥取藩主池田治道と生姫の娘。名は周子。和漢の学に通じ,詩歌に巧みで,仏典にも親しんだ。斉興との間の4男1女を乳母を置かず母乳で育て,斉彬に和漢の学を手ほどきし,藩主としての教育をほどこした。<著作>『三十六歌仙こほろぎ物語』(本多辰次郎『賢章院夫人遺芳録』)<参考文献>鹿児島婦人会編『薩藩女性史』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賢章院の関連キーワード孝仁親王石川碩峰片山辰世島津久宝大蕪千代はじ女月守広沢文斎巻鴎洲森山富涯

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone