コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢章院 けんしょういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢章院 けんしょういん

1792*-1824 江戸時代後期,島津斉興(なりおき)の妻。
寛政3年12月28日生まれ。池田治道(はるみち)の3女。母は伊達重村の娘。文化4年(1807)のち薩摩(さつま)鹿児島藩主となる斉興と結婚し,斉彬(なりあきら)らを生む。乳母(うば)まかせにせず,みずから斉彬をきびしく養育した。学問をこのみ,薙刀(なぎなた)の名手であった。文政7年8月16日死去。34歳。名は周子(かねこ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

賢章院

没年:文政7.8.16(1824.9.8)
生年:寛政3.12.8(1792.1.1)
江戸後期,薩摩藩主島津斉興の妻。斉彬の母。鳥取藩主池田治道と生姫の娘。名は周子。和漢の学に通じ,詩歌に巧みで,仏典にも親しんだ。斉興との間の4男1女を乳母を置かず母乳で育て,斉彬に和漢の学を手ほどきし,藩主としての教育をほどこした。<著作>『三十六歌仙こほろぎ物語』(本多辰次郎『賢章院夫人遺芳録』)<参考文献>鹿児島婦人会編『薩藩女性史』

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

賢章院 (けんしょういん)

生年月日:1791年12月8日
江戸時代後期の女性。薩摩藩主島津斉彬の母
1824年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

賢章院の関連キーワード川路高子生年月日島津周子

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android