コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢覚 げんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢覚 げんかく

1080-1156 平安時代後期の僧。
承暦(じょうりゃく)4年生まれ。聖賢の兄。真言宗醍醐寺(だいごじ)三宝院勝覚灌頂(かんじょう)をうける。父賢円の住坊をあらためて理性院をひらき,理性院流の祖とよばれる。門下覚鑁(かくばん)らがいる。久寿3年3月16日死去。77歳。字(あざな)は理性。著作に「達磨鈔」「支度集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

賢覚の関連キーワード醍醐の三流別尊雑記天見温泉承暦公胤心覚賢信

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android