コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢覚 げんかく

1件 の用語解説(賢覚の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢覚 げんかく

1080-1156 平安時代後期の僧。
承暦(じょうりゃく)4年生まれ。聖賢の兄。真言宗醍醐寺(だいごじ)三宝院の勝覚に灌頂(かんじょう)をうける。父賢円の住坊をあらためて理性院をひらき,理性院流の祖とよばれる。門下に覚鑁(かくばん)らがいる。久寿3年3月16日死去。77歳。字(あざな)は理性。著作に「達磨鈔」「支度集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

賢覚の関連キーワードフルハイビジョンフルHD保元SurfaceフルHD石油石炭税清原頼業平忠正鳥羽天皇藤原頼長

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone