コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖賢 セイケン

デジタル大辞泉の解説

せい‐けん【聖賢】

聖人と賢人。また、知識・人格にすぐれた人物。「聖賢の道に学ぶ」
清酒聖人濁酒賢人というところから》清酒と濁酒。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

聖賢 しょうけん

1083-1147 平安時代後期の僧。
永保3年生まれ。真言宗嘉承(かじょう)3年醍醐寺(だいごじ)三宝院勝覚灌頂(かんじょう)をうけ,のち同寺に金剛王院を創建した。この流れを金剛王院流とよび,小野六流のひとつにかぞえられる。久安3年1月4日死去。65歳。法名ははじめ仁。字(あざな)は三密坊。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せいけん【聖賢】

聖人と賢人。
清酒と濁酒。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

聖賢の関連キーワードハムド・アッラーフ・カズウィーニージュニャーネーシュワル心学(中国思想)トゥカーラーム鸚鵡返文武二道ナームデーオ欠遺・闕遺醍醐の三流賢聖の障子古人の糟粕伝記・文史浅井節軒佐藤硯湖紅卍字会教学聖旨性理大全上河淇水成均館聖遊廓八股文

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

聖賢の関連情報