コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質的弁証法 しつてきべんしょうほうqualitative Dialektik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

質的弁証法
しつてきべんしょうほう
qualitative Dialektik

キルケゴールの弁証法のことで,実存的弁証法ともいう。神と人間,すなわち無限なものと有限なものとの質的差別に立ち,信仰は主体的実存にのみ可能であるとする思想。質的な主体的実存,主観的なものを量化し,神と人間との断絶を無視するヘーゲルの弁証法が「あれもこれも」であるのに対し,質的弁証法は「あれかこれか」という絶対的選択となると説かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

質的弁証法の関連キーワード主観的弁証法キルケゴール

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android