コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち タチ

4件 の用語解説(立ちの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たち【立ち】

[名]
立つこと。また、立っていること。「お立ちの方は速やかに御着席下さい」
旅立つこと。旅に出ること。出発。→御立(おた)ち
「だから松野さんが―を延ばしなすったのです」〈木下尚江良人の自白
時の経っていくこと。経過。「月日の立ちが早い」
燃えてなくなること。尽きること。「立ちの早い炭」
釣りで、水深のこと。また、水面からまでの深さ。「立ちを取る」
[接頭]動詞に付いて、その意味を強めたり、やや改まった感じを表したりする。「立ちまさる」「立ち向かう」

だち【立ち】

[語素]《動詞「た(立)つ」の連用形から》
名詞の下に付いて、そのつくりのさまを表す。「顔立ち」「目鼻立ち
車などに付ける牛馬の数や船の櫓(ろ)の数などの下に付けて、その数で成り立っていることを表す。だて。「四頭立ちの車」「八挺立ちの船」
地名や身分などを表す名詞の下に付いて、出身地やおいたちを表す。
「この辺の海賊は定めて熊野―の奴原にてこそあるらめ」〈著聞集・一二〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

たち【立ち】

[2] ( 名 )
〔動詞「立つ」の連用形から〕
出発すること。旅立つこと。 「明日のお-は何時ですか」
すぎゆくこと。経過。 「月日の-が早い」 「産後の肥-」
尽きること。 「 -の早い蠟燭ろうそく
「立ち稽古げいこ」の略。 「 -に入る」
「立役たちやく」の略。
「立ち合い」の略。
( 接頭 )
動詞に付いて、語勢を強めたり、ややあらたまった感じの意を添える。 「 -まじる」 「 -まさる」 「 -かえる」 → だち(立)

だち【立ち】

名詞の下に付いて複合語をつくる。
生い立ち・育ちの意を表す。 「此馬は信濃国井上-にてありければ、井上黒とぞ申しける/平家 9
車をひく牛馬・船の櫓などの数を表す。だて。 「八挺-の船」
そのつくりのさまを表す。 「顔-」 「目鼻-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

立ちの関連キーワード倒立在り立つ一番手屹立光彩卓立立っち直立媒介益体

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立ちの関連情報