コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立ち タチ

デジタル大辞泉の解説

たち【立ち】

[名]
立つこと。また、立っていること。「お立ちの方は速やかに御着席下さい」
旅立つこと。旅に出ること。出発。→御立(おた)ち
「だから松野さんが―を延ばしなすったのです」〈木下尚江良人の自白
時の経っていくこと。経過。「月日の立ちが早い」
燃えてなくなること。尽きること。「立ちの早い炭」
釣りで、水深のこと。また、水面からまでの深さ。「立ちを取る」
[接頭]動詞に付いて、その意味を強めたり、やや改まった感じを表したりする。「立ちまさる」「立ち向かう」

だち【立ち】

[語素]《動詞「た(立)つ」の連用形から》
名詞の下に付いて、そのつくりのさまを表す。「顔立ち」「目鼻立ち
車などに付ける牛馬の数や船の櫓(ろ)の数などの下に付けて、その数で成り立っていることを表す。だて。「四頭立ちの車」「八挺立ちの船」
地名や身分などを表す名詞の下に付いて、出身地やおいたちを表す。
「この辺の海賊は定めて熊野―の奴原にてこそあるらめ」〈著聞集・一二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たち【立ち】

[2] ( 名 )
〔動詞「立つ」の連用形から〕
出発すること。旅立つこと。 「明日のお-は何時ですか」
すぎゆくこと。経過。 「月日の-が早い」 「産後の肥-」
尽きること。 「 -の早い蠟燭ろうそく
「立ち稽古げいこ」の略。 「 -に入る」
「立役たちやく」の略。
「立ち合い」の略。
( 接頭 )
動詞に付いて、語勢を強めたり、ややあらたまった感じの意を添える。 「 -まじる」 「 -まさる」 「 -かえる」 → だち(立)

だち【立ち】

名詞の下に付いて複合語をつくる。
生い立ち・育ちの意を表す。 「此馬は信濃国井上-にてありければ、井上黒とぞ申しける/平家 9
車をひく牛馬・船の櫓などの数を表す。だて。 「八挺-の船」
そのつくりのさまを表す。 「顔-」 「目鼻-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

立ちの関連キーワード青田差し押さえ・青田差し押えコピーディレクタースタンドレスリングスタンディングバー立ち詰め・立詰め立ち待ち・立待ち立ち通し・立通しドライリハーサルバトントワラースタンドカラーハング・テン簾中入り立ち立ち頭・立頭ライズアップセグウェイ小姓上がり立ちっ放し立ち作り所自力更生脂粉の気

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立ちの関連情報