コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賭射 のりゆみ

1件 の用語解説(賭射の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

のりゆみ【賭射】

射礼(じやらい)の翌日の正月18日におこなう宮廷行事。賭弓とも記す。賭は賞を賭(か)けること。淳和天皇の824年(天長1)を文献上の初見とする。左右近衛府で荒手結(てつがい),真手結と称する下稽古を9日,11日,13日などにおこなう。当日,天皇は弓場殿に出御し,近衛,兵衛が分かれて射る。近衛10人,兵衛7人が充てられる。左右近衛の場合,1番ごとに左右各1人ずつ出て,10番勝負する。勝負は1番ごとに3度射つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の賭射の言及

【射場殿】より

…射殿,弓場殿(ゆばどの)ともいう。平安宮内裏にあり,恒例の賭射(のりゆみ)の際に天皇が臨む所。校書殿(きようしよでん)の東廂の北に設けられた。…

【手結】より

…射術を競う朝廷の年中行事である射礼(じやらい),賭射(のりゆみ),騎射(うまゆみ)の前に行う武芸演習をいう。手は射手,結は番(つがう)(2人を組み合わせる)の意味。…

※「賭射」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone