コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

還饗 かえりあるじ

1件 の用語解説(還饗の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

かえりあるじ【還饗】

賭弓のりゆみ・相撲すまいの節会せちえなどのあとで、その日の勝負に勝った方の近衛大将が自邸で配下の人々を召して饗応すること。還立かえりだちの饗あるじ。 「八月にこの殿に相撲の-あるべければ/宇津保 俊蔭
かえりだち 」に同じ。 「その日-いかめしく/宇津保 春日詣

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の還饗の言及

【賭射】より

…賭射が終わると,近衛大将は自邸において射手を饗応する。これを還饗(かえりあるじ)という。【山中 裕】。…

※「還饗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone