コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賻物 ふもつ

1件 の用語解説(賻物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふもつ【賻物】

古代において,位を有する者が死亡した際に支給される葬祭料。喪葬令に詳しい規定がある。京官や国司などの職事官が死亡した際には,正従一位から初位に至るまでの位階に応じて料物が支給された。正従一位には絁30疋,布120端,鉄10連であったのに対し,初位には絁1疋,布4端が支給されるに過ぎず,著しい身分格差があった。散位の三位以上は職事官の3分の2,四・五位はその半分と規定されている。《日本書紀》大化2年(646)3月条に見える〈大化の薄葬令〉には,葬送具に関する規定は見えるものの,賻物については触れていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

賻物の関連キーワード官当信用金庫相続人死亡デュピュイ‐フォルヒハイマーの近似災害死亡保険金連生死亡保険雪による死亡者死亡者の確定申告出願人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone