コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

散位 さんい

7件 の用語解説(散位の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

散位
さんい

令制で,位階をもちながら官職についていない者の称呼。「さんに」とも読み,散官ともいう。もと散位寮,のち式部省の所管で,臨時の諸使,諸役のために出勤した。また,三位以上で摂関,大臣,大・中納言,参議のいずれにも就任していない者をいうこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さん‐い〔‐ヰ〕【散位】

連声(れんじょう)で「さんに」とも》
律令制で、位階だけで官職のないこと。また、その人。
散位寮」の略。

さん‐に〔‐ヰ〕【散位】

さんい」の連声(れんじょう)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんい【散位】

〈さんに〉ともいう。日本古代の律令制において,官職がなくて,位階のみを有するもの。五位以上の子孫で蔭位(おんい)により位を有するが役職のないもの,致仕(ちし)・廃官・遭喪(父母の喪による解官)・患解(病気による解官)等により官職をはなれたもの,白丁出身で舎人(とねり)等の考により位をえたが官職のないもの,貢献等により位をえたものをさす。在京の五位以上は散位寮に,六位以下は分番で仕え,地方では国衙に仕えて雑使にあてられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんい【散位】

律令制で、位階のみあって、それに相当する官職に就いていないもの。散官。 ↔ 職事しきじ

さんに【散位】

「さんい(散位)」の連声。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

散位
さんい

(りょう)制における官吏の称呼の一つ。「さんに」とも読む。文武官のうち、現任の職務を有する職事(しきじ)に対し、位階だけあって官職についていない者をいう。散官、散事(女官)とも称する。散位は式部省の被管である散位寮に所属する。したがってその名簿は、この寮で保管することになっているが、のちには武散位のみは兵部(ひょうぶ)省に移管される。また散位のうち五位以上は長上(ちょうじょう)官で、この寮に毎日出勤するが、六位以下は番上(ばんじょう)で、1か月のうち15日間分番で出勤し、地方の外(げ)散位は国府に出仕する。その待遇については、五位以上は位田、位禄(いろく)などが支給されるが、六位以下にはこれがなく、また季禄も与えられない。[渡辺直彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の散位の言及

【番上】より

…すなわち,中央諸官庁,大宰府,諸国などの史生,中央の伴部,使部,官掌・省掌などの掌類,大舎人・東宮舎人・中宮舎人らの舎人(とねり),兵衛,および親王の公的従者である帳内(ちようない),貴族官僚の公的従者である資人などは,いずれも番上であり,また大宰府や諸国府に勤務した下級職員たちも番上であった。そして式部省に籍を置く散位六位以下は散位寮に番上し,地方諸国の外散位は国府に番上したのであり,国府に番上した下級職員たちとともに外分番ともよばれた。番上は一般に,年間に140日以上勤務すると毎年の評定対象にされたが,帳内・資人は200日以上の勤務が必要であった。…

【散位】より

…五位以上の子孫で蔭位(おんい)により位を有するが役職のないもの,致仕(ちし)・廃官・遭喪(父母の喪による解官)・患解(病気による解官)等により官職をはなれたもの,白丁出身で舎人(とねり)等の考により位をえたが官職のないもの,貢献等により位をえたものをさす。在京の五位以上は散位寮に,六位以下は分番で仕え,地方では国衙に仕えて雑使にあてられた。散位寮【山田 英雄】。…

※「散位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

散位の関連キーワード功田雑徭白丁兵庫寮計会帳雑任三授主船司笹山晴生删定律令