コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外放射温度計 せきがいほうしゃおんどけいinfrared radiation thermometer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外放射温度計
せきがいほうしゃおんどけい
infrared radiation thermometer

物体の表面から放出される放射強度は,表面の温度と一定の関係にあることを利用し,放射強度を測って物体表面温度を知る温度計人工衛星に搭載し,大気中の雲の分布を観測したり,雲のない部分では海面温度を測定する。海洋リモートセンシングの人工衛星に幅広く使われ,海面水温分布を提供している。雲の影響を受けることが欠点とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

赤外放射温度計の関連キーワードサーモグラフィ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android