コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外線星 せきがいせんせい infrared star

1件 の用語解説(赤外線星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外線星
せきがいせんせい
infrared star

赤外線の領域でエネルギーを最も多く放出している天体の総称。その波長域は 1μmから 1mmまで,天体の温度は 3000Kから 100K程度までさまざまである。その多くはケイ酸塩石墨,氷などからできた塵粒子の発する光が主である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の赤外線星の言及

【赤外線天体】より

…赤外線を放出する天体の総称。赤外線星ともいう。1960年代初頭,カリフォルニア工科大学のレイトンR.B.Leighton,ノイゲバウァーG.Neugebauerらは波長2μmで全天の観測を行い,赤外線の非常に強い天体を数多く発見した。…

【天文学】より

…しかし,もっとゆっくりした合成過程,高温の熱的な平衡過程などの調整過程も重要である。
[恒星の活動]
 オリオン星雲中に,可視光では見えないが強い赤外線を出しているKL天体,BN天体などの赤外線星がある。このような星はできたての星で,ダストを多量に含んだ厚い包被にとりまかれている。…

※「赤外線星」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

赤外線星の関連キーワードエネルギー代謝核エネルギー熱エネルギー海洋エネルギー高エネルギー燐酸結合二次エネルギーエネルギー学エネルギー源吸収エネルギー標準自由エネルギー

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone