コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤泥 せきでい

2件 の用語解説(赤泥の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

せきでい【赤泥】

堆積物で、酸化して赤褐色になった泥。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

赤泥

褐色から赤味のある褐色の泥で,アマゾン川オリノコ(Orinoco)川,揚子江のような大きな川口の海洋底に濃集している.またサハラ砂漠のような大きな砂漠の周縁地域の海洋にも見られる.炭酸塩は0~25%の範囲で含まれている[Murray & Renard : 1891].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤泥の関連キーワードアマゾン川電気鰻アマゾナイトアマゾンキンドルDXアマゾンドットシーオードットジェーピー太陽蝶アマゾナスアマパ褐毛(あかげ)和種

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone