赤羽工作分局(読み)あかばねこうさくぶんきょく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤羽工作分局
あかばねこうさくぶんきょく

明治初期の官営の機械製作工場。1870年(明治3)閏(うるう)10月に新設された工部省のもとで、翌1871年10月、東京・芝赤羽の旧久留米(くるめ)藩邸跡に開設された製鉄寮がその前身。1873年赤羽製作所となった。旧佐賀藩所有の工作機械や材料を引き継ぎ、外国人技師を雇って、農具、機械、鉱山・鉄道用品のほか、蒸気機関や紡績機などを試作した。1877年赤羽工作分局と改称し、品川、深川工作分局とともに、工部省所管のもとで多額の出資がなされ、当時の機械工業部門の中枢にあった。1883年廃止され、その設備は海軍省へ移管された。[石塚裕道]
『大蔵省『工部省沿革報告』(大内兵衛・土屋喬雄編『明治前期財政経済史料集成 第17巻』1931・明治文献・所収)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android