コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤道無風帯 セキドウムフウタイ

5件 の用語解説(赤道無風帯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せきどう‐むふうたい〔セキダウ‐〕【赤道無風帯】

北東貿易風と南東貿易風とに挟まれた、赤道付近の風の弱い地帯。強い日射のため上昇気流が起こり低圧帯になっている。赤道低圧帯。→貿易風

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤道無風帯【せきどうむふうたい】

北半球の北東貿易風と南半球の南東貿易風にはさまれた赤道付近の風の弱い地帯。この地帯は強い日射のため上昇気流が起こり低圧帯となっているため赤道低圧帯とも呼ばれ,雷雨,スコールなどが発生しやすい。
→関連項目赤道反流

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

せきどうむふうたい【赤道無風帯】

赤道付近で風のほとんど吹かない地帯。北東貿易風帯と南東貿易風帯とに挟まれ、東西にのびる。上昇気流が盛んで、しばしば局地的に激しい雨が降る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤道無風帯
せきどうむふうたい

赤道低圧帯」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤道無風帯
せきどうむふうたい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の赤道無風帯の言及

【風】より

…図11は地球上の平均風系の粗い模型である。赤道付近には赤道無風帯があり,それより高緯度側に偏東風のいわゆる貿易風帯があり,それより高緯度側に中緯度高圧帯があり,さらに高緯度側に偏西風帯がある。それより高緯度側に高緯度低圧帯があり,極のまわりは極東風帯となっている。…

【ポリネシア】より

…しかし,低いサンゴ礁の島は貿易風による降雨は少なく,スコール性のにわか雨に頼るのみである。赤道無風帯は風向の一定しない微風を特徴とするが,二つの貿易風の衝突による熱帯前線のため,スコール以外の降雨量も多い。しかし,無風帯は赤道以南には現れず,低温のペルー海流,南赤道海流に面したマルキーズ諸島やクリスマス島,フェニックス諸島,モルデン島などでは雨量はきわめて少なく,植物は貧弱である。…

※「赤道無風帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone