コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤道低圧帯 せきどうていあつたいequatorial low pressure belt

3件 の用語解説(赤道低圧帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤道低圧帯
せきどうていあつたい
equatorial low pressure belt

南北両半球の亜熱帯高圧帯の間にある赤道付近の低圧帯。今日では熱帯収束帯という。この低圧帯には北から北東貿易風,南から南東貿易風が吹き込み(→偏東風),気流が収束して熱帯収束帯となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤道低圧帯
せきどうていあつたい

北半球、南半球それぞれ亜熱帯高圧帯に挟まれた低圧帯。熱帯低圧帯ともいう。この地帯には北半球の北東貿易風と南半球の南東貿易風が吹き集まっている。一般に風は弱く風向もまちまちであるところから赤道無風帯ともいう。しかし一方、雲が発生しやすく、それに伴う局地的な突風や驟雨(しゅうう)が多い。両貿易風の強弱に従って低圧帯の位置や幅が変わる。[大田正次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone