コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香色 こういろ

色名がわかる辞典の解説

こういろ【香色】

色名の一つ。料に用いられる丁字ちょうじを染料として染めた薄茶色の伝統色名。これを薄くしたのが薄香、濃くしたのが丁字色、赤みを加えたのが赤香色。いずれも仏教に関係の深い色であったとされ、香木を使うことから平安時代は非常に高価であった。丁字は生薬しょうやく香辛料としても知られる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐いろ〔カウ‐〕【香色】

香染めの色。黄色みを帯びた薄赤色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こういろ【香色】

赤みを帯びた明るい茶色。香染めの色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

香色の関連キーワード香川県善通寺市善通寺町総本山善通寺と五岳山善通寺[市]物部武諸隅彦太忍信命大新河命開化天皇平安時代焦がれ香石上神宮崇神天皇物部氏織部棚胡桃色薄匂ひ落ち栗松重苦色

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香色の関連情報