香色(読み)こういろ

色名がわかる辞典の解説

こういろ【香色】

色名の一つ。料に用いられる丁字ちょうじを染料として染めた薄茶色の伝統色名。これを薄くしたのが薄香、濃くしたのが丁字色、赤みを加えたのが赤香色。いずれも仏教に関係の深い色であったとされ、香木を使うことから平安時代は非常に高価であった。丁字は生薬しょうやく香辛料としても知られる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐いろ カウ‥【香色】

〘名〙 薄赤くて、黄色みを帯びた色。くすんだ黄色。香染めの色。こう。〔名語記(1275)〕
※米沢本沙石集(1283)八「白御小袖〈略〉香色(カウイロ)にこがれてけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香色の関連情報