香色(読み)こういろ

色名がわかる辞典の解説

こういろ【香色】

色名の一つ。料に用いられる丁字ちょうじを染料として染めた薄茶色の伝統色名。これを薄くしたのが薄香、濃くしたのが丁字色、赤みを加えたのが赤香色。いずれも仏教に関係の深い色であったとされ、香木を使うことから平安時代は非常に高価であった。丁字は生薬しょうやく香辛料としても知られる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

香色の関連情報