コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超塩基性 ちょうえんきせいultrabasic

岩石学辞典の解説

超塩基性

SiO2量が低く,塩基性岩よりも低い火成岩を記述するときに用いる.一般にSiO2量が45%以下の岩石に用いる.この岩石はダナイトdunite)のように,一種類かそれ以上のマフィック鉱物からなる特徴をもつものが多いが,岩石によっては塩基性長石を含むものがある.斜長岩(anorthosite)はその例である[Kjerulf : 1854, Judd : 1881].超苦鉄質岩(ultramafic rock)と超塩基性岩とは一致しない場合がある.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

超塩基性の関連キーワードリューサイトネフェリンパイパーベーサイトモンチチェリ橄欖石白榴石ベーサイトカンバーランド岩霞石ベーサイトソルケダライトアフリカンダ岩リストウェン岩超マフィック岩オフィオライトアルカリトチェペロフスカイトマフルアイト塩基性前縁帯ウルトラシマコマチアイトボェトン岩カタンガ岩

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android