コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超多重項 ちょうたじゅうこうsupermultiplet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超多重項
ちょうたじゅうこう
supermultiplet

核子間の力の性質を反映して生じる原子核縮退したエネルギー準位の組。 E.ウィグナーが提唱した概念である。核子間の力が荷電独立性をもつとき,質量数が同じで荷電状態の異なる原子核には同じエネルギーの準位が出現するが,実際には陽子と陽子の間の力は核力のほかに,これよりはるかに弱い静電気力が働くので,縮退はわずかに解ける。 14O,14N,14C のある種の励起状態は超多重項の一例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

超多重項の関連キーワードゲル=マン‐大久保の質量公式

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android