超多重項(読み)ちょうたじゅうこう(英語表記)supermultiplet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超多重項
ちょうたじゅうこう
supermultiplet

核子間の力の性質を反映して生じる原子核縮退したエネルギー準位の組。 E.ウィグナーが提唱した概念である。核子間の力が荷電独立性をもつとき,質量数が同じで荷電状態の異なる原子核には同じエネルギーの準位が出現するが,実際には陽子と陽子の間の力は核力のほかに,これよりはるかに弱い静電気力が働くので,縮退はわずかに解ける。 14O,14N,14C のある種の励起状態は超多重項の一例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android