超特急(読み)ちょうとっきゅう

精選版 日本国語大辞典「超特急」の解説

ちょう‐とっきゅう テウトクキフ【超特急】

〘名〙
特別急行列車のなかでも特に速い列車の意。かつて、国鉄東海道本線、東京~神戸間を八時間で運転した特急つばめ」号をいった。また、東海道新幹線が開通してからは特急「ひかり」号などをさしていった。超特急列車。
※旅‐昭和五年(1930)八月号・超特急の実現〈千葉豊〉「現在の特急は東京神戸間六百一粁を十時間半を要すに、超特急(テウトクキフ)は八時間四十分にて約二時間の短縮となり」
物事をとりわけ早く処理すること。
※爆弾太平記(1933)〈夢野久作〉「その中でも此の爆弾漁業といふ奴は、超特急(テウトクキフ)のスゴモノなんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android