コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超硬質セラミックス ちょうこうしつプラスチック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超硬質セラミックス
ちょうこうしつプラスチック

材料を機械加工する際の研削材には,加工中に高温になっても変形しないこと,加工材料と反応しないこと,衝撃力に対しても破壊しないことなどが要求される。従来の研削材は炭化ケイ素アルミナであったが,最近ではダイヤモンドや CBN (立方晶窒化ホウ素) が使用されつつある。これらは,押し込み硬さ (ヌープ硬さ) 8000~12000 (K) ,4700 (K) ,モース硬度が9以上で他のセラミックスに比べて著しく硬い。焼結ダイヤモンド工具,焼結 CBN工具として,超高圧高温のもとで製造されているが,価格が課題となっている。サーメット炭化チタンや窒化チタンを主成分とし,ニッケルやコバルトで結合した材料で,この工具も研削用に広く使われる。高速度鋼,超硬合金,サーメット,セラミックスの順に切削速度が速くなっている。また金属表面に窒化チタンや炭化チタンをコーティングした工具も開発されつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android