コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

超臨界水(読み)チョウリンカイスイ

デジタル大辞泉の解説

ちょうりんかい‐すい〔テウリンカイ‐〕【超臨界水】

supercritical water》水をセ氏374度、218気圧の高温高圧にした状態。温度・圧力ともに臨界点に達した状態で、水は液体とも気体とも区別がつかない性質を帯びる。有機物の溶媒としてすぐれ、有害有機物の分解処理などに応用される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

超臨界水の関連情報