超高圧水流切断(読み)ちょうこうあつすいりゅうせつだん(英語表記)water-jet cutting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

超高圧水流切断
ちょうこうあつすいりゅうせつだん
water-jet cutting

超高圧でノズルから噴出させた高速の水流で切断する方法。水圧およびノズル径は材料の硬さ・厚さ・切断溝幅などに応じて調整する。 1cm当たり1万 kgの超高圧,ノズル径 1mm以下ともなれば,コンクリートや鋼材のような硬い材料でも切断でき,水流に研磨材を加えると切断能力がさらに増大する。フェルトや紙のように弾力性のある軟らかい材料では,きわめて薄い刃物より鋭く,切断面をくずさないで滑らかに切れる。切り屑が水に流されるので粉塵がなく,火花が出ないので火災の危険もなくて労働環境の改善に適する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android