コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越史通鑑綱目 えつしつがんこうもく

1件 の用語解説(越史通鑑綱目の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えつしつがんこうもく【越史通鑑綱目】

ベトナムのグエン(阮)朝トゥドゥック(嗣徳)帝の勅命によって編纂された編年体ベトナム通史。1856年より59年の間にファン・タイン・ザン(潘清簡)を総裁とする国史館によって編纂され,71‐84年の検閲を経てキエンフク(建福)帝の元年(1884)に進呈,版刻された。ベトナム人によって漢文で書かれた最も重要な通史の一つ。正称は《欽定越史通鑑綱目》。《大越史記全書》等によって伝えられている史実を細かく段に分け,標題に掲げて大意を述べた綱と,これを細かく叙述した目とを置き,中国の《資治通鑑綱目》にならった体裁をとっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

越史通鑑綱目の関連キーワードベトコンベトナム語ドゥッチョトゥッティスランドゥドゥノドゥッガtodoリストフエの建造物群

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone