越史通鑑綱目(読み)えつしつがんこうもく

世界大百科事典 第2版の解説

えつしつがんこうもく【越史通鑑綱目】

ベトナムのグエン(阮)朝トゥドゥック(嗣徳)勅命によって編纂された編年体のベトナム通史。1856年より59年の間にファン・タイン・ザン(潘清簡)を総裁とする国史館によって編纂され,71‐84年の検閲を経てキエンフク(建福)帝の元年(1884)に進呈,版刻された。ベトナム人によって漢文で書かれた最も重要な通史の一つ。正称は《欽定越史通鑑綱目》。《大越史記全書》等によって伝えられている史実を細かく段に分け,標題に掲げて大意を述べた綱と,これを細かく叙述した目とを置き,中国の《資治通鑑綱目》にならった体裁をとっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android