コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越惣太郎 こし そうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越惣太郎 こし-そうたろう

1824-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
文政7年生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)真壁郡の郷士儒学,医学をまなび,下総(しもうさ)結城(ゆうき)藩(茨城県)藩校秉彝(へいい)館教授兼侍医となる。常陸水戸藩と長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩の提携を画策,万延元年(1860)の丙辰丸(へいしんまる)盟約締結につくす。元治(げんじ)元年天狗(てんぐ)党の乱にくわわり,9月20日処刑された。41歳。名は温。字(あざな)は宗珉。号は崇古堂。変名は井坂行蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

越惣太郎の関連キーワード運動家尊攘

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android