コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越智広江 おちの ひろえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越智広江 おちの-ひろえ

?-? 奈良時代の学者。
養老5年(721)明経(みょうぎょう)第一博士となり,聖武(しょうむ)天皇(在位724-749)につかえた。神亀(じんき)のころ宿儒としておもんじられた。その詩は「懐風藻(かいふうそう)」にみえる。姓は越知とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

越智広江

生年:生没年不詳
奈良時代の学者で文人養老4(720)年には大学明法博士とみえ,5年には明経第一博士とあるから,法律にも儒学の基本経典についても学業に優れていたことが知られる。越智氏はもと伊予国越智郡(愛媛県)の豪族。広江はその学識を尊重され,役所を退庁したのちは,東宮(首皇子,のちの聖武天皇)に近侍することを養老5年1月に命令されている。首皇子の養育に当たったものと思われる。また『家伝』によると神亀(724~29)ごろ宿儒として重要な地位を占めていたことが知られる。『令集解』では養老4年の格(法令)や,神亀4年の格の立案に参加しているから,法律制定の実務にも長じていたらしい。

(鬼頭清明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

越智広江の関連キーワード生年

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android