コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越智広江 おちの ひろえ

2件 の用語解説(越智広江の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

越智広江 おちの-ひろえ

?-? 奈良時代の学者。
養老5年(721)明経(みょうぎょう)第一博士となり,聖武(しょうむ)天皇(在位724-749)につかえた。神亀(じんき)のころ宿儒としておもんじられた。その詩は「懐風藻(かいふうそう)」にみえる。姓は越知とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

越智広江

生年:生没年不詳
奈良時代の学者で文人。養老4(720)年には大学明法博士とみえ,5年には明経第一博士とあるから,法律にも儒学の基本経典についても学業に優れていたことが知られる。越智氏はもと伊予国越智郡(愛媛県)の豪族。広江はその学識を尊重され,役所を退庁したのちは,東宮(首皇子,のちの聖武天皇)に近侍することを養老5年1月に命令されている。首皇子の養育に当たったものと思われる。また『家伝』によると神亀(724~29)ごろ宿儒として重要な地位を占めていたことが知られる。『令集解』では養老4年の格(法令)や,神亀4年の格の立案に参加しているから,法律制定の実務にも長じていたらしい。

(鬼頭清明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越智広江の関連キーワード阿倍駿河宇努男人笠御室辛島代豆米巨勢真人文部黒麻呂三国人足三宅藤麻呂陽侯麻呂矢集虫麻呂

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone