コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足代立渓 あじろ りっけい

1件 の用語解説(足代立渓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足代立渓 あじろ-りっけい

1703-1761 江戸時代中期の儒者。
元禄(げんろく)16年9月2日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)の人。京都で伊藤東涯にまなぶ。元文4年摂津住吉(大阪府)に家塾をひらき,子弟におしえた。宝暦11年10月2日死去。59歳。本姓は度会(わたらい)。名は弘道。字(あざな)は仲行。通称は玄蕃。著作に「雞肋(けいろく)」「卦綜(けそう)考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

足代立渓の関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ松木淡々小野寺十内竹本座叙勲日本酒の消費量猪飼敬所いろは新助蔡温

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone