足元から鳥が立つ(読み)アシモトカラトリガタツ

  • あしもと
  • から 鳥(とり)が立(た)つ
  • 足元
  • 足元(あしもと)から鳥(とり)が立(た)・つ

デジタル大辞泉の解説

身近な所で意外なことが起こる。
急に思いたってあわただしく物事を始める。「―・つように帰って行った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

① 突然、身近に意外なことの起こるさまにいう。略して「足下から鳥」とも。
※森藤左衛門本狂言・素袍落(室町末‐近世初)「扨も扨も急なお使を仰せつけられた。足許から鳥の立つ様なと申すがこの事でござる」
② 急に思いついたように、あわてて物事を始める。
※浮世草子・世間胸算用(1692)四「不断は手をあそばして、足もとから鳥のたつやうに、ばたくさとはたらきてから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

身近なところから、突然思いがけない出来事が起こるさま。また、急に思い立って物事を始めたり、あわてて物事を始めたりするさま。

[使用例] 銑之助は足元から立つように急に思い立って、自ら進んで妻をもらった[田山花袋*生|1908]

[解説] や山鳥は草むらなどに潜んでいて、人が気づかずにまで近づいたところで突然飛び出します。突然に騒然とした状態が生じることから、身近に事が起こる、あるいは事を起こすことのたとえとなります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android