コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足下 ソッカ

デジタル大辞泉の解説

そっ‐か〔ソク‐〕【足下】

[名]
足の下。足もと。「足下にひれ伏す」
相手の足もと、あなたのそばの意で、手紙の脇付(わきづけ)に用いる語。「田中太郎様足下
[代]二人称の人代名詞。同等、または、それ以下の相手に用いる敬称。貴殿。「足下の御尽力を謝す」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そっか【足下】

( 名 )
立っている足の下。足もと。 「 -に踏まえる」
(相手の足もと・おそばの意)手紙の脇付の一。
( 代 )
二人称。自分と同等の地位または下位の相手を敬って、あるいはあらたまって呼ぶ語。貴殿。 「 -の意見を聞きたい」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

足下の関連キーワードセントサ島のマーライオンマリア[ベタニアの]軽請け合い・軽請合い百里の道も一足から善く游ぐ者は溺る足下にも及ばない足下・足元・足許阿呆の足下使いさらけ止めるキッチン収納承領・承了アケルナル降三世明王バスタ新宿生物識り足を掬う祭り込む藤原実兼文芸講話十字峡

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足下の関連情報