足元(読み)アシモト

デジタル大辞泉「足元」の解説

あし‐もと【足元/足下/足許】

足が地についている所。また、その周り。「暗いから―に注意して下さい」「―に犬がうずくまる」
足の下部。「―に泥はねを上げる」「―が寒い」
ある人の、ごく身近な所。身辺。「まず―を固めて仕事にかかる」
足の運び方。歩きぶり。足どり。「―がふらつく」「―がおぼつかない」
苦しい立場。差し迫った状況。弱点弱み。「―につけ込む」
物事を行うためのよりどころ。立脚地。足掛かり。足場。「事業の―を固める」
家屋の地面に近い部分。縁の下や土台など。
近いこと。直近。最近。「―金利の安定」「―の企業業績は好調」「―の搭乗率は平均でも5割程度」
足元瓦あしもとがわら」の略。
[補説]「足をすく」との混同で、「足下を掬う」とするのは誤り。
[類語](3手近い程近い近い間近い間近じきすぐ至近目前鼻先手が届く指呼しこ咫尺しせき目睫もくしょうかん目と鼻の先傍ら近く近辺付近わきはた手元身近手近卑近身辺片方かたえ間近近傍近所最寄り座右左右手回り身の回り

あ‐もと【足元/足下】

その人の家柄身分
「―アル者ヂャ」〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android