足形/足型(読み)アシガタ

デジタル大辞泉の解説

あし‐がた【足形/足型】

《「あしかた」とも》
足の形。また、地面や物を踏んだあとに残る、足の形。あしあと。
(足型)靴・足袋(たび)などを作るのに使う、足の形をした木型。
[補説]人の足形は次の3種類に分けられる。日本人はエジプト型が多いとされている。
エジプト型 拇指(ぼし)がもっとも長い
ギリシャ型 第2指が拇指よりも長い
スクエア型 すべての指の長さがほぼ等しい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android