コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足立正声 あだち まさな

1件 の用語解説(足立正声の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足立正声 あだち-まさな

1841-1907 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)12年9月20日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。勤王論を主張し,文久3年佐幕派の藩老を同志と暗殺(本圀寺(ほんこくじ)事件),捕らえられる。のち脱藩して,長門(ながと)(山口県)の大村益次郎の塾にはいる。維新後は宮内省少書記官や諸陵頭をつとめた。明治40年4月19日死去。67歳。字(あざな)は興郷。通称は八蔵。号は老狸など。著作に「剥蘚(はくせん)集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

足立正声の関連キーワード天保の改革中村梅玉複成片麻岩内褶曲新派劇ウィリアムHハリソン田代毅軒名見崎徳治(3代)スピロサイト清元梅吉石坂昌孝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone