コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足立正声 あだち まさな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足立正声 あだち-まさな

1841-1907 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)12年9月20日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。勤王論を主張し,文久3年佐幕派の藩老を同志と暗殺(本圀寺(ほんこくじ)事件),捕らえられる。のち脱藩して,長門(ながと)(山口県)の大村益次郎の塾にはいる。維新後は宮内省少書記官や諸陵頭をつとめた。明治40年4月19日死去。67歳。字(あざな)は興郷。通称は八蔵。号は老狸など。著作に「剥蘚(はくせん)集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

足立正声の関連キーワード足立八蔵明治時代天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android