コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足袋沓 たびぐつ

大辞林 第三版の解説

たびぐつ【足袋沓】

足袋の形をした革製の沓。近世、市中巡使の役人や駕籠かきなどが用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の足袋沓の言及

【地下足袋】より

…同年の関東大震災後の東京で,復興作業のために需要が増え,1月の日産約1000足から年末には日産1万足に達したという。指股の分かれた労働用の履物は,江戸時代には革製の足袋沓(たびぐつ)があり,また農山村では補強のために刺子をほどこした足袋とわらじを履いていた。足指が開いてふんばりのきく地下足袋は,労働用の履物の機能をよくいかしたもので,現代でも土木,造船,建築などの作業に欠かせないものとなっている。…

※「足袋沓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

足袋沓の関連キーワード役人駕籠足袋近世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android