跡を付ける(読み)あとをつける

精選版 日本国語大辞典の解説

あと【跡】 を 付(つ)ける

① 去ったあとに足跡などの痕跡を残す。あとを残す。〔享和本新撰字鏡(898‐901頃)〕
※新古今(1205)冬・六七九「庭の雪にわが跡付けて出でつるをとはれにけりと人や見るらん〈慈円〉」
② 人や鳥獣の行くあとについて行き、様子をさぐる。尾行する。追跡する。
※日葡辞書(1603‐04)「アトヲ ツクル、または、Atouo(アトヲ) tçuqete(ツケテ) ユク」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「誰かあとをつけて来さうでたまりません」
③ 江戸深川の岡場所で、他の遊客が揚げた芸妓があいたら、すぐにつづけて自分が揚げるために、玉(ぎょく)をつける。または、自分で揚げた芸妓の約束の時間が切れた後も、つづけて揚げる。
洒落本・美地の蠣殻(1779)「昼おれが来て口をかけたら、無(ねへ)と云ふから、跡でも付て来ひとたのめば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android